完全雇用を考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数349
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    雇用完全雇用失業福祉社会保障

    代表キーワード

    社会

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「完全雇用を考える」
      
    ■はじめに
     昨今、何かと不景気が話題になっており、それにまつわる話は途絶えることがない。その中でも生活を一変させる可能性のある「リストラ」については大変注目度が高い。2002年に完全失業率が過去最悪の5.4%を記録したのはまだ記憶に新しいところである。
     さて、最近ではフリーターやニートといった問題も取り上げられることが多い。「働きたくても働けない」のではなく「働きたくないから働かない」のである。
     このような混沌とした状況において、「完全雇用」の意味するところとはなんなのであり、国のめざすべき「完全雇用」とは一体どのようなものなのであろうか。「完全雇用」の歩んできた歴史をたどりながら、その何たるかを考えてみたい。
    ■「完全雇用」の定義
     完全雇用について考えていくにあたり、まずその定義を考えてみたい。これを考えるためにはいくつかのアプローチが存在する。
     まず失業率の観点から考えるアプローチである。20世紀の英国の経済学者、ウィリアム・ベヴァリッジは3%の失業率が完全雇用の状態であるとした。また他の経済学者たちは、それぞれの国や時期、またそれぞれの経済学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。