経営学における企業の評価を考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数375
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営学評価優良企業ランキング

    代表キーワード

    経営

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      
    「企業の評価を考える」
    ・はじめに 
    普段の我々の生活を改めてみてみると、実に多くの企業に囲まれて暮していることに気づく。買い物一つにとっても、その店は一つの企業といえるし各地に有するチェーンともなれば会社の規模も大きくなってくる。またひとえに買い物といっても生活必需品から奢侈品、家電や車、ひいては家といった高い買い物まで多岐に渡る。それぞれの分野で数多くの企業がしのぎを削っているわけである。
    買い物以外にも貯蓄の際に利用する銀行もまた、企業である。ここでもたくさんの企業が軒をつらねている。
    他にも私個人的に「企業」ときいて思い浮かべるものに「就職活動」がある。私は民間企業に就職しようと考えているがその際にもいくつもの企業と接触をもつことになるであろう。
    こうして少し考えてみただけでもいくつも例があがる。しかし無数にある企業の中で実際に契約、また関係をもつ(買い物でいえばどの店を選ぶか、貯蓄でいえばどの銀行を選ぶか)はかなり限られるはずである。そうした中で同じ業種のうちでどの企業を選ぶか、というのは非常に重要な問題である。その選択によって得をしたり、また損をしたりということが起こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。