ヒット商品の事例 自動車

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数340
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     ここ最近はコンパクトカーやミニバンの人気が目立つ。自動車メーカも次々と新車を開発し、競争の激化が進んでいる。そのような中で中年層のなかでスポーツカーを買う人が増えている。その中でも50代をターゲットとしたスポーツカー戦略が中心である。
     マツダ自動車が発売したRX−8は2003年のカーオブザイヤーを受賞した現在において注目度の高いスポーツカーである。RX−8の特徴はマツダの象徴であるロータリーエンジンを積んだスポーツカーであることと、スポーツカーでありながら4人乗りであることに加え、ほかのスポーツカーよりも価格を低く設定したことだ。
     RX−8の製品戦略は特に、標的市場での顧客ニーズ、年代層、価格設定などの市場でのポジショニングは重要である。本体だけの価格で240〜275万円と高額な車であるため20代ではそのような所得は期待できない。60歳を超えてくると所得も減り、老後に向けて節約するようになる。50代においては一番所得が高いため、最も消費を期待できる年代である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最近のヒット商品を製品戦略の視点で論じる
     ここ最近はコンパクトカーやミニバンの人気が目立つ。自動車メーカも次々と新車を開発し、競争の激化が進んでいる。そのような中で中年層のなかでスポーツカーを買う人が増えている。その中でも50代をターゲットとしたスポーツカー戦略が中心である。
     マツダ自動車が発売したRX-8は2003年のカーオブザイヤーを受賞した現在において注目度の高いスポーツカーである。RX-8の特徴はマツダの象徴であるロータリーエンジンを積んだスポーツカーであることと、スポーツカーでありながら4人乗りであることに加え、ほかのスポーツカーよりも価格を低く設定したことだ。
     RX-8の製品..

    コメント1件

    mmmmmm777 購入
    おお
    2006/07/13 19:13 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。