価格戦略の失敗 マクドナルド

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,349
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     最近の外食産業には価格の値下げが激化している。マクドナルドのハンバーガーはデフレの象徴のように価格が下げられている。ここ最近、マクドナルドのハンバーガーの価格が定まらない。130円→65円→80円→59円→80円と数ヶ月のわずか数ヶ月で4回も価格変更がされており、価格戦略に苦戦している。
     マクドナルドは平日半額キャンペーンという価格戦略を打ち立てて大幅にハンバーガーの価格を下げた。ハンバーガー1個59円という価格が消費者の頭に定着してしまい、半額キャンペーンをやめると売り上げが落ち込んでしまい、値段を元に戻すことが困難な状態に陥ってしまった。デフレによって価格が下がったとも言われているがマクドナルドの場合、価格の設定に明らかに失敗している。半額キャンペーンは一定の短い期間において切り上げるべきものを1年間もの長い期間も販売ができるならば、消費者はハンバーガーの原価はそれほど高くないと考えてしまう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    価格戦略に失敗した企業とその商品
     最近の外食産業には価格の値下げが激化している。マクドナルドのハンバーガーはデフレの象徴のように価格が下げられている。ここ最近、マクドナルドのハンバーガーの価格が定まらない。130円→65円→80円→59円→80円と数ヶ月のわずか数ヶ月で4回も価格変更がされており、価格戦略に苦戦している。
    マクドナルドは平日半額キャンペーンという価格戦略を打ち立てて大幅にハンバーガーの価格を下げた。ハンバーガー1個59円という価格が消費者の頭に定着してしまい、半額キャンペーンをやめると売り上げが落ち込んでしまい、値段を元に戻すことが困難な状態に陥ってしまった。デフレによって価..

    コメント1件

    handinhand93 購入
    参考になりました。
    2006/07/24 12:53 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。