第二次大戦における東欧諸国

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数371
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     第二次大戦における東欧諸国は連合国(米、英、仏、ソ)側に立ってドイツと戦った中欧とバルカン半島、枢軸国(独、伊)側にたって連合国と戦ったバルカン3国(ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア)に分かれた。
     1939年1月、3万人の精鋭軍は国境を越えてポーランドへと侵攻した。ポーランドへの侵攻はソ連のスターリンとドイツのヒトラーとの秘密条約によるものであった。中欧のポーランドはフランスと同等の面積を占め、人口3000万人の東欧最大国家である。ドイツとロシアに挟まれており、カトリックへの信仰が厚く、3度の分割という苦難を経験しおり、愛国心がとても強い。作曲家のショパン、地動説を唱えたコペルニクスはポーランド出身である。ポーランドは侵攻により、わずか1ヶ月で壊滅状態に追い込まれた。残存部隊と愛国者は地下に潜み、ポーランド各地でパルチザン対独抵抗運動を行う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第二次大戦における東欧諸国は連合国(米、英、仏、ソ)側に立ってドイツと戦った中欧とバルカン半島、枢軸国(独、伊)側にたって連合国と戦ったバルカン3国(ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア)に分かれた。
     1939年1月、3万人の精鋭軍は国境を越えてポーランドへと侵攻した。ポーランドへの侵攻はソ連のスターリンとドイツのヒトラーとの秘密条約によるものであった。中欧のポーランドはフランスと同等の面積を占め、人口3000万人の東欧最大国家である。ドイツとロシアに挟まれており、カトリックへの信仰が厚く、3度の分割という苦難を経験しおり、愛国心がとても強い。作曲家のショパン、地動説を唱えたコペルニクスはポーランド出身である。ポーランドは侵攻により、わずか1ヶ月で壊滅状態に追い込まれた。残存部隊と愛国者は地下に潜み、ポーランド各地でパルチザン対独抵抗運動を行う。このときにポーランド政府はロンドンに亡命政府を樹立し、ポーランド全国民に対独抵抗を呼びかけた。1941年6月、独ソ戦が始まり、1944年の初め頃にはポーランド近郊悪車は近郊まで迫っていた。1944年8月、ポーランド国内で戦っていたポーランド国..

    コメント2件

    bayerun 購入
    参考になりました。
    2006/05/15 15:30 (10年7ヶ月前)

    wool 購入
      
    2007/02/01 19:01 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。