国際社会における日本とアメリカ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数475
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     2004年のアメリカ大統領選挙ではブッシュが2期連続の当選を果たした。これで4年間ブッシュ政権が続くわけだ。この結果が今後の日米関係、また国際社会においてどのような影響があるのだろうか。
    ●国際社会における米国 
    ・米大統領選挙
     11月2日の大統領選挙ではブッシュ大統領(共和党)とケリー上院議員(民主党)の激戦が繰り広げられた。投票前の予想でもほぼ50%対50%とまれに見る接戦に世界中の注目が集まった。結果的にはブッシュ大統領が再選を果たしたが、約50%の得票率を獲得した反面、約半分はケリー氏に投票している。約半数はブッシュ大統領を支持しないという国民の声にどう対処していくかも問題になってくる。4年前、内に「思いやりの保守」を外に「慎みのある外交」を掲げていたがその約束が果たされているとは言い切れない。
    ・イラク戦争
     選挙に関する世界の注目はやはりイラク戦争問題であった。9・11直後のイラク戦争には国民は大統領を支持したが、その後の大量破壊兵器、復興問題などにおいて問題は複雑化している。ではイラク戦争は本当に正しかったのだろうか。イラク戦争はすべき、というよりせざるを得なかったのではないか。もちろん戦争自体が良いことではないというのも当たり前のことである。戦争を正当化することはできない。
     戦争は最悪の事態における最終手段である。この戦争においてフセイン政権を崩壊させなければ今後の世界情勢はさらにテロ組織がはびこる世の中になっていたのではないか。もちろん戦争において更に反米が強まった国や地域があるのも確かである。反対諸国を無視して戦争に走ったアメリカの行為は決して良いことではない。しかし、イラクがテロ組織と関与していたことは明らかであり、今後のイラクに対する脅威を考えると問題を放置しておくことはできない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     2004年のアメリカ大統領選挙ではブッシュが2期連続の当選を果たした。これで4年間ブッシュ政権が続くわけだ。この結果が今後の日米関係、また国際社会においてどのような影響があるのだろうか。
     ●国際社会における米国 
      ・米大統領選挙
     11月2日の大統領選挙ではブッシュ大統領(共和党)とケリー上院議員(民主党)の激戦が繰り広げられた。投票前の予想でもほぼ50%対50%とまれに見る接戦に世界中の注目が集まった。結果的にはブッシュ大統領が再選を果たしたが、約50%の得票率を獲得した反面、約半分はケリー氏に投票している。約半数はブッシュ大統領を支持しないという国民の声にどう対処していくかも問題になってくる。4年前、内に「思いやりの保守」を外に「慎みのある外交」を掲げていたがその約束が果たされているとは言い切れない。
      ・イラク戦争
    選挙に関する世界の注目はやはりイラク戦争問題であった。9・11直後のイラク戦争には国民は大統領を支持したが、その後の大量破壊兵器、復興問題などにおいて問題は複雑化している。ではイラク戦争は本当に正しかったのだろうか。イラク戦争はすべき、というよりせざるを得な..

    コメント1件

    suteakun 購入
    よかったです
    2006/09/07 21:56 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。