キリスト教とは何かについて

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,803
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キリスト教とは何かについて、まずキリスト教とは唯一の神を信じることが重要なことであると思う。キリスト教徒は、天地の創造主であり、全世界を支配する唯一の「神」が存在することを信じています。この神の性質や働きは「聖書」に記載されている。キリスト教はこの「神」に最大の敬意を表し、この「神」だけを礼拝する。「神」はこの世の外にいる超越的存在、空間、時間を超越した絶対他者であると考え、世界は神が何もしない所から作り出した作品であり、有と無が混在する儚いものであると認識する。
    キリスト教の信仰や根源など回心の実例のうちの1人であるフランチェスコは、生地商人の長男で、物乞いにはお金を恵んだりしたが偽善の行為で斜に構えた屈折な部分をもっている。彼は十字軍に行くが、湖でらい病人を追い払った醜い自分が、十字軍に参加することにより得る地位や名誉を得て何になる?死んでしまえば同じだと考えた。教会に寝泊りをするうちに悔いを改めて回心をするようになった。もともと人間は無(物体)に執着をし、物欲がある。しかし人間は物を求めても真に安らぐことは出来ない。物は物であり、生きておらず、愛しても愛をかえしてはくれない。回心..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。