グループワークの展開過程について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,112
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     実際のグループワークを行う準備段階から終結する段階まで、それぞれグループの状況に応じて援助者が果 たすべき具体的な援助行動の機能は準備期、開始期、作業機、終結期の4段階に分けられる。援助者が集団援助過程においてどのような援助行動をすればよいかについて、それぞれの段階での援助者の援助行動についてこれから考察する。
    【準備期】
     準備期とは、福祉施設・機関、病院、団体などにおいてグループ援助の必要性が生じたことから、援助者がグループ援助を開始するために、グループの計画を立て、利用者たちに予備的な接触を始める段階までを指している。 A.利用者への波長合わせ:波長合わせとは、援助者が利用者の生活状況、感情、ニーズなどについて理解することである。援助者が利用者援助の取り組みのなかで表面化してくるかもしれない内容について、あらかじめ掘り起こし、予測をたてること。「個人」によって構成されている「集団」活動していくなかで起こっていく出来事をあらかじめ予測しておくことである。行動様式、パーソナリティー、生き甲斐満足度、社会的・心理的状況のケースとして対応していくことが大切である。 B.問題・目標の明確化:援助者は「利用者が何を問題・課題にしているのか、何をしたいと考えているか」を明らかにして、援助目的をわかりやすく説明する。 C.上司と同僚との合意:所属施設の集団援助開始までに上司や同僚の理解と支持をとりつけておくことが大切である。職員会議などでコンセンサスを必要としている。 D.個別援助技術と集団援助技術との調和:「集団」を活用して「個人」を援助していくことにほかならない。「集団の凝集性」を保つことも大切である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     グループワークの展開について述べよ。
     実際のグループワークを行う準備段階から終結する段階まで、それぞれグループの状況に応じて援助者が果 たすべき具体的な援助行動の機能は準備期、開始期、作業機、終結期の4段階に分けられる。援助者が集団援助過程においてどのような援助行動をすればよいかについて、それぞれの段階での援助者の援助行動についてこれから考察する。  【準備期】準備期とは、福祉施設・機関、病院、団体などにおいてグループ援助の必要性が生じたことから、援助者がグループ援助を開始するために、グループの計画を立て、利用者たちに予備的な接触を始める段階までを指している。 A.利用者への波長合わせ:波長合わせとは、援助者が利用者の生活状況、感情、ニーズなどについて理解することである。援助者が利用者援助の取り組みのなかで表面化してくるかもしれない内容について、あらかじめ掘り起こし、予測をたてること。「個人」によって構成されている「集団」活動していくなかで起こっていく出来事をあらかじめ予測しておくことである。行動様式、パーソナリティー、生き甲斐満足度、社会的・心理的状況のケースとして対応していくこ..

    コメント4件

    sakuma 購入
    参考になりました
    2006/08/31 23:18 (10年3ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:52 (10年2ヶ月前)

    watamama 購入
    参考になりました.
    2006/12/31 8:31 (10年前)

    skippdarma 購入
    参考になりました。
    2007/02/28 17:42 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。