陰部洗浄 看護技術演習記録

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,838
ダウンロード数4
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈 看護技術演習記録 〉No.1                      (1)学年・(  )G・()番・氏名(      )
    単元名:排泄 演習項目:陰部洗浄 提出日:平成21年11月6日 担当教員:     印 学習目標:不潔になりやすい部位の汚れを取り除き、皮膚・粘膜を清潔にして尿路感染を予防する。 必要物品:微温湯(37-39℃)の入った陰部洗浄容器、石鹸、ガーゼ(4-5枚)、ディスポーザブル手袋、陰部清拭用タオル、バスタオル、綿毛布、防水シーツ、処置用シーツ、便器 手        順 根  拠  と  留  意  点 結 果 お よ び 評 価 <準備>
    必要物品をワゴンの上に用意する。
     微温湯(37-39℃)の入った陰部洗浄容器、石鹸、ガーゼ(4-5枚)、ディスポーザブル手袋、陰部清拭用タオル、バスタオル、綿毛布、防水シーツ、処置用シーツ、便器
    患者に陰部洗浄することを説明し同意を得る。
    必要時排泄を済ませる。
    ・陰部は高温や物理的刺激・科学的刺激に弱いため、微温湯を準備する。
    ・専用の陰部洗浄容器のほかに、イリゲーター、空になったシャンプー容器や、点滴ボトルなどを利..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。