シャワー浴、入浴 看護技術演習記録

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数8,266
ダウンロード数2
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    心理自立教員学習援助安全身体技術看護

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈 看護技術演習記録 〉No.1                      (2)学年・(  )G・()番・氏名()
    単元名: 演習項目:シャワー浴 提出日: 担当教員:          印 学習目標:患者の安全・安楽に配慮する
    患者のプライバシーを守る
    患者の自立の促進をはかる
    身体を清潔にする 必要物品:フェイスタオル・バスタオル・石鹸・交換用の衣類 手        順 根  拠  と  留  意  点 結 果 お よ び 評 価 シャワーすることの同意を得る。シャワー浴ができる状態であることを伝える。
    (2)対象者の自立度をアセスメントする。
    (3)どのような方法で行なうか伝える。必要物品を用意する。
    (4)脱衣は必要時援助する。
    (5)浴室内での移動や浴室への出入りは、対象者の身体を十分支え安定した肢位を保つ。①必要ならば、椅子などを使用する。
    (6)洗い残しのないようにスムーズな手順で行なうようにする。
    身体の状態や表情などを観察する。
    身体の水は十分拭き取るようにする。
    (7)着衣を援助する。
    (8)全身状態、気分、疲労度などを観察し、適切な移動方法で帰室させ休ませる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。