包帯交換(無菌操作)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,028
ダウンロード数3
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    包帯交換(無菌操作)
    【目的】
    清潔で適切な包帯に交換することで患部の治癒を促進する。
    汚染による二次感染の防止。
    患部の状態観察と治癒の状態に合わせた包帯法への変更。
    包帯のずれやゆるみを適切にし、目的にかなった包帯の状態に整える。
    【対象】
    包帯を装着している患者で、医師の指示による包帯交換時。
    包帯に浸出液や血液などによる汚染が発見されたとき。
    包帯にゆるみやずれが生じるなど、包帯の目的を果たしていないとき。
    その他異常が生じたとき(循環障害、不快や違和感、苦痛、異臭など)
    【必要物品・装置】
    包帯(目的および部位にかなった種類・サイズ・量)
    絆創膏
    はさみ
    膿盆
    支持用の小枕、架台など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。