食事介助(全盲)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,016
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    障害食事技術指導看護援助記録方法栄養

    代表キーワード

    看護食事介助

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈 看護技術演習記録 〉No.1                      (1)学年・(  )G・()番・氏名(      )
    単元名:栄養 演習項目:食事介助 提出日:平成21年7月9日 担当教員:     印 学習目標:対象(患者)の状態に適した食事援助方法を理解し、援助できる。 必要物品:おしぼり、タオル、ナプキン(エプロン)、ガーグルベースン、オーバーテーブル、はし、ストロー、スプーン、吸いのみ、必要時手浴洗面器
    手        順 根  拠  と  留  意  点 結 果 お よ び 評 価 ③視力障害(全盲)のある20歳患者:常食を摂取している。
    使用物品を準備する
    おしぼり、タオル、ナプキン(エプロン)、ガーグルベースン、オーバーテーブル、はし、ストロー、スプーン、吸いのみ、必要時手浴洗面器
    食事にふさわしい環境を整える。
    見た目に不快なものを片付ける。
    室内の換気を行い、臭いの強いものは片付ける。
    食事の時間に治療や処置がないように調整する。
    床頭台やオーバーテーブルの上を片付け、拭く。
    患者の準備をする
    排尿、排便を済ませ、不快なにおいを取り除いておく。
    食事前の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。