経管栄養 看護技術演習記録

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数891
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    栄養技術看護記録原因演習理解観察温度

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈 看護技術演習記録 〉No.1                      (1)学年・(  )G・(番・氏名(     )
    単元名:栄養 演習項目:経管栄養 提出日:平成21年10月13日 担当教員:      印 学習目標:上部消化管の解剖生理を理解したうえで、患者に安全安楽に経管栄養法の実施ができる。患者の状態を観察しながら適切な声かけ、対応ができる。患者役を体験することにより、経管栄養法を行う患者の苦痛を理解し、今後の看護に生かすための考察ができる。 必要物品:栄養チューブ12-18Fr、ガーゼ、潤滑剤、ガーグルベースン、注射器、防水シーツ、タオル、聴診器、絆創膏、はさみ、クレンメ、処置用膿盆、ティッシュ、紙コップ、微温湯、イリゲーター 手        順 根  拠  と  留  意  点 結 果 お よ び 評 価 必要物品を準備する
    清潔なイリゲーター、注射器、注入セットなど
    流動食を適切な温度にする
    環境を整える
    スクリーンやカーテン
    患者の準備
    説明と同意を得る
    患者の体位を座位、半座位にする。
    防水シーツの上をタオルで覆い、患者の胸にかけ、近くにガーグルベースンを置..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。