気管内吸引

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数548
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    技術看護呼吸記録変化演習予防感染観察循環

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈 看護技術演習記録 〉No.1                      (1)学年・(  )G・()番・氏名(     )
    単元名:吸引 演習項目:気管内吸引 提出日:平成22年1月18日 担当教員: 学習目標:気管内に貯留した分泌物・異物を除去する。 必要物品:吸引装置、排液用バッグ、吸引カテーテル、(10-16Fr)、滅菌手袋、滅菌蒸留水、滅菌カップ、アルコール綿、聴診器 手        順 根  拠  と  留  意  点 結 果 お よ び 評 価 アセスメント
    呼吸状態・全身状態
    患者の訴え・バイタルサインズ・意識状態・SpO2値・呼吸音・気道内分泌物の貯留部位・年齢、発達段階・疾患の治療状況・投与されている薬剤・患者の協力の程度
    吸引方法の選択
    必要に応じて口腔、鼻腔、気管内吸引のいずれかを選択する。
    注意事項の確認
    呼吸・循環系に影響を及ぼすケアであるため、安全・確実な技術の下に実施する。
    実施
    吸引圧を-100~150mmHg(約-20kPa)に調節しておく。
    滅菌蒸留水を吸引後、片手でカテーテルの根元部分を屈曲させ、吸引圧を封じる。
    もう一方の手袋を装着した手で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。