ベッド⇔車椅子 看護技術演習記録

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数530
ダウンロード数4
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    看護技術記録演習安全汚染身体方法液体時間

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈 看護技術演習記録 〉No.1                      (1)学年・(  )G・()番・氏名(     )
    単元名:安楽 演習項目:ベッド⇔車椅子 提出日:平成21年6月15日 担当教員:     印 学習目標:患者の安全安楽に配慮したベッドから車椅子への移乗ができる 必要物品:車椅子、ひざ掛け、綿毛布、スクリーン(カーテン)、クッション、流水設備、液体石鹸、ペーパータオル、足踏み式ダストボックス、擦式消毒 手        順 根  拠  と  留  意  点 結 果 お よ び 評 価 <準備>
    必要物品を準備する。
    車椅子、ひざ掛け、綿毛布、スクリーン(カーテン)、クッション
    車椅子を点検する。
    ベッドの高さを調整する。
    患者に車椅子への移動について説明し、了解を得る。
    患者のプライバシーを配慮してスクリーン(カーテン)をする。
    ひざ掛け、綿毛布は、寒さなどを感じさせないために使用する。
    シートの破損はないか
    ハンドルのグリップは緩んでないか
    大車輪とキャスターの動きがスムーズで、空気圧は正常か
    ブレーキのきき具合は良好か
    フットレストの開閉はスムーズか
    走..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。