流通革命から見る今後の流通業

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数719
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    流通革命から見る今後の流通業
    流通業は製造業と比べると、古くから良い印象を持たれていません。しかし、この文章にも、「将来最も望み多い分野である。」とあるように、現在、もしくは今後、最も重要であり、また必要とされる分野ではないか、と私は思います。
     就職活動において、私はこの分野に深く興味を持っており、また、現在最も求人の多い業界でもあります。そこで、今回私は、例として一つの企業を取り上げ、就職活動における観点から流通業の現状、そして今後のあり方を述べようと思います。
    流通業、中でも小売業や、いわゆるサービス業と呼ばれる川下の分野は、営業時間の拡大に伴い、終業時間が遅くなり、コンビニエンスストアのように24時間交替制で出勤しなければならないこともあります。また、接客業であるので、顧客満足を追求し、より良いサービスが求められる時代となりました。このような点から、就職においてのこの分野への人々の関心は低く、好んで就職しない傾向があります。しかし、求人が多い理由として、製造業が機械化され、人が必要とされていないこと、そして、現場主義といわれるように、まず現場を経験し、お客様の生の声や、自分の目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。