二十四の瞳

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,815
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    戦争という時代を背景に主人公の大石先生とその教え子である十二人の子供たちの成長を描いた作品です。苦しみながらもそれを乗り越え懸命に生きる彼らの姿が描かれています。貧しくても平和だった彼らの生活を崩したのが戦争でした。十二人の教え子のうち三人が戦死、一人が失明、女生徒一人は病死、一人は消息もしれない、そしてほかの男女の境遇にも激しい変化が起こっていました。大石先生の夫や娘も戦争に殺されました。やっと戦争が終わったのにたくさんのものが失われました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文学と社会 レポート
    「二十四の瞳」
    私は「戦争と文学」というテーマから壺井栄の「二十四の瞳」を選びました。これは戦争という時代を背景に主人公の大石先生とその教え子である十二人の子供たちの成長を描いた作品です。苦しみながらもそれを乗り越え懸命に生きる彼らの姿が描かれています。貧しくても平和だった彼らの生活を崩したのが戦争でした。十二人の教え子のうち三人が戦死、一人が失明、女生徒一人は病死、一人は消息もしれない、そしてほかの男女の境遇にも激しい変化が起こっていました。大石先生の夫や娘も戦争に殺されました。やっと戦争が終わったのにたくさんのものが失われました。この作品には作者の戦争に対する訴えが表..

    コメント1件

    tomtom12 購入
    とても分かりやすく簡潔にまとまっていると思います。
    戦争に関するレポートとしても、読書感想としても価値のある作品でした。
    2006/09/01 9:19 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。