北京(人文地理)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数310
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    北京は中華人民共和国(以下中国)の首都。中国の中央人民政府、中国共産党中央、全国政治協商会議など国家運営に関する主要機関がおかれている政治中心であり、経済の中心地である。又数多くの高等学府が集中し、北京と諸外国との交流が盛んで、近年には72カ国96都市と交流をもち、そのうち19カ国21都市と友好都市関係を結んでいる文化交流中心であり、中国南部の経済中心地上海、広州などと東北地方の工業中心地、西北のエネルギー源中心との連結する交通の中枢地でもある。また、1,500万以上の人が暮らす世界で有数の人口大都市でもある。戸籍人口1,159.5万人(2004年末)だが、他に公安機関(警察)に一時住居登録している流動人口が364.9万人いる。
    何故北京は今中国でこんなに盛んでるかは歴史からみなさなければならない。

    第一章:「北京」名前の誕生から都市の発展

    第一節:歴史から今の北京まで

    今の北京南郊にある周口店では、今から60万年前〜20万年前に生息していたと推定される「北京原人」のが見されたことは有名ということから、今の北京地域ではそのとき文化がもう始まっているのが分かる。
    中国歴史記載によると今の北京は春秋戦国時代(紀元前771 〜紀元前221)には燕の首都で薊(けい)と呼ばれる。この時代のこの地方は国都の洛陽からは遠く離れた辺境であり、常に北方の匈奴などの遊牧民族の侵攻に悩まされていた。秦・漢時代には北平(ほくへい)と呼ばれるが、満州地方の開発が進み、高句麗などの国が立つと戦略上、また商業上でも重要な拠点として重要視されるようになった。また、現在は北京市内の一部とされる郡(たくぐん)は三国志の英雄劉備の故郷で知られるとともに隋の煬帝が築いた大運河の北の起点とされている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    北京
    文字数:4460字
    はじめに
    北京は中華人民共和国(以下中国)の首都。中国の中央人民政府、中国共産党中央、全国政治協商会議など国家運営に関する主要機関がおかれている政治中心であり、経済の中心地である。又数多くの高等学府が集中し、北京と諸外国との交流が盛んで、近年には72カ国96都市と交流をもち、そのうち19カ国21都市と友好都市関係を結んでいる文化交流中心であり、中国南部の経済中心地上海、広州などと東北地方の工業中心地、西北のエネルギー源中心との連結する交通の中枢地でもある。また、1,500万以上の人が暮らす世界で有数の人口大都市でもある。戸籍人口1,159.5万人(2004年末)だが、他に公安機関(警察)に一時住居登録している流動人口が364.9万人いる。
    何故北京は今中国でこんなに盛んでるかは歴史からみなさなければならない。
    第一章:「北京」名前の誕生から都市の発展
    第一節:歴史から今の北京まで
    今の北京南郊にある周口店では、今から60万年前~20万年前に生息していたと推定される「北京原人」のが見されたことは有名ということから、今の北京地域ではそのとき文化がもう始まっているの..

    コメント1件

    wanglei 購入
    きれい!!!面白い!!!流れが良い!!!
    2006/06/16 2:16 (10年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。