小泉首相の靖国参拝問題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数310
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     今年の10月の17日に小泉首相が、首相として5度目の靖国参拝を行いました。
     日本では、この首相の靖国参拝について賛否両論に分かれていますが、海外メディアでこの靖国参拝に理解を示す国は少ないのが事実です。
     小泉首相は参拝を「心の問題」と考えていますが、その「心の問題」という捉え方は海外ではあまり理解されていません。
     また、台湾の中国時報というメディアが「靖国参拝の目的は日本を大国として歩ませたいと小泉首相が考えているからだ。」と述べました。
     それは、首相が頼りとしている国はアメリカただ一つであって、アメリカの戦略からしたら日本は中国や韓国にいい顔する必要は無い。むしろ強靭な態度をとることを望んでるからであり、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小泉首相の靖国参拝問題について
    今年の10月の17日に小泉首相が、首相として5度目の靖国参拝を行いました。
    日本では、この首相の靖国参拝について賛否両論に分かれていますが、海外メディアでこの靖国参拝に理解を示す国は少ないのが事実です。
    小泉首相は参拝を「心の問題」と考えていますが、その「心の問題」という捉え方は海外ではあまり理解されていません。
    また、台湾の中国時報というメディアが「靖国参拝の目的は日本を大国として歩ませたいと小泉首相が考えているからだ。」と述べました。
    それは、首相が頼りとしている国はアメリカただ一つであって、アメリカの戦略からしたら日本は中国や韓国にいい顔する必要は無い。む..

    コメント1件

    yoyo777 購入
    よかったです!!
    2006/07/25 14:55 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。