気分障害の原因

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,472
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    気分障害(mood disorder)とは、うつ病、双極性障害、気分変調症、器質性気分障害といった気分の変調が主症状の心の病気であり、成人の約19%が気分障害に悩まされている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     気分障害(mood disorder)とは、うつ病、双極性障害、気分変調症、器質性気分障害といった気分の変調が主症状の心の病気であり、成人の約19%が気分障害に悩まされている。うつ病(major depressive disorder)は、誰でも多少は経験することから「心の風邪」と言われることもあり、女性の約21%、男性の約13%が経験している。主な特徴は、抑うつ気分・食欲減退・睡眠障害・自責・思考力の低下・希死念慮などである。双極性障害もしくは躁うつ病(bipolar disorder)は、先ほどのうつ状態と躁病エピソード(manic episode:躁の状態が出現している状態)が交互に起こるもので、主な特徴は自尊心が強い・誇大妄想・睡眠欲求の減少・活動性亢進などである。躁うつ病はうつ病とは異なり珍しいもので、成人の1.6%ほどしかおらず、男女間の差異はない。
     一般的に、凝り性、几帳面、徹底的、正義感・責任感が強い、二者択一的な発想をする、他者に尽くすなどの性格傾向を持った人はうつ病になりやすく、社交的で活発で、人情にあついが落ち込みやすい、といったような人は躁うつ病になりやすい..

    コメント1件

    soa716 購入
    観点を明示して気分障害の原因がまとめられていたので役に立ちました。
    2007/11/01 17:31 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。