アメリカ史期末レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,129
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?
     1861年に始まった南北戦争の直接的な始まりは、南部のサムター要塞への攻撃・・であるが、西部における土地の問題と、常に合衆国でくすぶり続けていた奴隷問題がもっとも根本的な原因であった。また、そういった問題において立場を分けていた南部と北部は、西部問題以外にも、産業構造の違いから北部は高関税に賛成、南部は低関税に賛成するなど、独立し、一様の統一を果たしたものの、分裂はないとは決して言い切れない不安定な状況であった。そして、1850年、カリフォルニアを自由州とする代りに、それまで北部の篤志家によって行われていた「地下鉄道」を廃止する目的で逃亡奴隷法を厳罰化するとした。これに対し、北部側の反対は強く、ストウ婦人などは「アンクル=トムの小屋」を著したが、この作品は大きな反響を呼んだ。4年後合衆国は更なる危機、カンザス=ネブラスカ法を体験した。両州が自由州となるか、奴隷州となるかは住民の意思に任せるという法案である。これに伴って発生したドレッド・スコット判決は、其々が移住運動を推し進める過程で発生したものだった。これにより、黒人は合衆国のどこであろうと奴隷であるとされた。そこへ際し、奴隷制度拡張を反対する新たな政党が作られた。共和党である。彼らはホイッグ党を前身としていたので支持基盤は同じく北部であった。そして1860年の選挙で選ばれたのは共和党出身のリンカンであった。彼は、南部に考慮したのかあくまで日和見主義であった。これに対し、ニューヨーク・トリビューン紙の編集長は彼に抗議したが、「私の目的は連邦を救うことにあるから、廃止するつもりも、奴隷を解放するつもりもない。しかしそうすることで連邦が維持出来るならやる」と答えた。が、結果としてリンカンが当選したことに南部は強い脅威を感じ、サウスカロライナ州が脱退を示唆した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ史A
    前期末レポート

    1861年に始まった南北戦争の直接的な始まりは、南部のサムター要塞への攻撃・・であるが、西部における土地の問題と、常に合衆国でくすぶり続けていた奴隷問題がもっとも根本的な原因であった。また、そういった問題において立場を分けていた南部と北部は、西部問題以外にも、産業構造の違いから北部は高関税に賛成、南部は低関税に賛成するなど、独立し、一様の統一を果たしたものの、分裂はないとは決して言い切れない不安定な状況であった。そして、1850年、カリフォルニアを自由州とする代りに、それまで北部の篤志家によって行われていた「地下鉄道」を廃止する目的で逃亡奴隷法を厳罰化するとした。これに対し、北部側の反対は強く、ストウ婦人などは「アンクル=トムの小屋」を著したが、この作品は大きな反響を呼んだ。4年後合衆国は更なる危機、カンザス=ネブラスカ法を体験した。両州が自由州となるか、奴隷州となるかは住民の意思に任せるという法案である。これに伴って発生したドレッド・スコット判決は、其々が移住運動を推し進める過程で発生したものだった。これにより、黒人は合衆国のどこであろうと奴隷である..

    コメント2件

    hotmail 購入
    アメリカの南北時代史にふさわしい内容だった。
    2006/07/23 19:17 (10年4ヶ月前)

    yoshi0817 購入
    よかった
    2007/07/06 16:18 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。