法医学? 期末レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数444
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    以前は医療における医師と患者の立場は一方的に医師によりなされるものに近かったと言えますが、近年、医療において患者の自己決定権が認められるようになってきました。その傾向によって、患者本位の医療が期待できるのは大変好ましいことだと言えますが、単純に良いことばかりではなく、医師の患者に対する救命・治療義務や自己の倫理観や価値観に従って医療を行う権利と、患者の自己決定権、すなわち自分で自分の生き方を決める権利とが対立し、衝突する場合にはどうやって解決すべきか問題になってきます。要するに、患者の自己決定権と医師の自己決定権が対立しているということになります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法医学Ⅱ 期末レポート
    テーマ: 医療における権利と義務の両面からみた自己決定について
     以前は医療における医師と患者の立場は一方的に医師によりなされるものに近かったと言えますが、近年、医療において患者の自己決定権が認められるようになってきました。その傾向によって、患者本位の医療が期待できるのは大変好ましいことだと言えますが、単純に良いことばかりではなく、医師の患者に対する救命・治療義務や自己の倫理観や価値観に従って医療を行う権利と、患者の自己決定権、すなわち自分で自分の生き方を決める権利とが対立し、衝突する場合にはどうやって解決すべきか問題になってきます。要するに、患者の自己決定権と医師の自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。