死についての分類と、死についての自分の考え

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数711
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート法学法医学人間

    代表キーワード

    法学法医学

    資料紹介

     死というのは非常に難しい概念で、死からは色々なことが考えられます。生きるか死ぬかに分ければそれだけですし、死のなかでも自殺なのか他殺なのかそれとも偶然の死なのかや、病死なのか交通事故によるなど物理的な死なのかという分類のしかたもあります。さらに、自殺にも首吊りや飛び降りによるものもあるし、他殺の場合も刺殺や絞殺、銃殺など様々です。病死にいたっては、人間の臓器をはじめ相当数ある身体の機能の障害に起因するものや、地球上にある把握しきれないほどのウィルス・病原菌によるものがあり、一つずつ挙げていくには不可能といっていいくらい多様なものがあります。
     しかし、人間が一人死んでしまうということは上に挙げた死因によって差異はあれど、周囲に悲しみの感情をはじめとして、おびただしい影響を及ぼしてしまうことが考えられます。普通に考えればまず遺族の人々は悲しみにくれるでしょうし、仕事をしていれば職場の仲間、学生であれば学校の仲間にもなんらかの影響を与えてしまうでしょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テーマ:死についての分類と、死についての自分の考え
     死というのは非常に難しい概念で、死からは色々なことが考えられます。生きるか死ぬかに分ければそれだけですし、死のなかでも自殺なのか他殺なのかそれとも偶然の死なのかや、病死なのか交通事故によるなど物理的な死なのかという分類のしかたもあります。さらに、自殺にも首吊りや飛び降りによるものもあるし、他殺の場合も刺殺や絞殺、銃殺など様々です。病死にいたっては、人間の臓器をはじめ相当数ある身体の機能の障害に起因するものや、地球上にある把握しきれないほどのウィルス・病原菌によるものがあり、一つずつ挙げていくには不可能といっていいくらい多様なものがあります。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。