人間と家庭のかかわり

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数386
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート哲学家族家庭成長

    代表キーワード

    哲学家族

    資料紹介

     この世に生を受けた人間は、多くの場合、家庭の中に迎えられる。
     そして、その中で多大な愛情を受けて育てられ、成長していく。
     家庭の大きな役割は、人間が外の世界(学校・会社など)から帰ってくる際に、緊張や疲労から解放させ、深い安らぎの憩いと睡眠の時間を提供し、明日からの生活への原動力を沸かせることである。しかし、それが可能となるには、家庭の中に十分な愛が無ければならないのである。では、「愛のある家庭」とは一体何なのだろうか。
     それは、家庭の基盤となる夫婦の関係にかかわることである。
     夫婦とは、人生をともに歩む共同者(パートナー)であり、1人では足りないところを2人で補い支えあう補完的な面だけでなく、一人では気づかなかった新しい自己を発見したりする創造的な面を持ち合わせることで、人間的成熟、豊かさが生じてくる。豊かな夫婦関係を築いていくためには、お互いに、深いかかわりを願って、積極的に心を開く誠実さを持ち合わせて無くてはならない。ただし、心を開き、お互いに支えあい、夫婦というひとつの形になるということは、各々のアイデンティティを失うことではない。相互のアイデンティティを基本的に認め合うことが重要で、そのためには心理的・社会的に成熟している必要がある。もし、過度の自己中心性や他社依存性が一方にでもあれば、この関係は成立しないであろう。
     心を開き、相互に認め合うためには対話という行為が必要である。この対話は2種類存在する。
     1つは精神的対話である。先週の内容と重なるが、これは普段の会話とは違い、自分が相手に受け入れられ大切にされているという深い確信の元に成立する。相手に対して自己を隠さず、相互に実存的に裸の状態で自分自身について語り、また相手自身を聴くことである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

           人間と家庭のかかわり         
    この世に生を受けた人間は、多くの場合、家庭の中に迎えられる。
    そして、その中で多大な愛情を受けて育てられ、成長していく。
    家庭の大きな役割は、人間が外の世界(学校・会社など)から帰ってくる際に、
    緊張や疲労から解放させ、深い安らぎの憩いと睡眠の時間を提供し、明日からの生活への原動力を沸かせることである。しかし、それが可能となるには、家庭の中に十分な愛が無ければならないのである。では、「愛のある家庭」とは一体何なのだろうか。
    それは、家庭の基盤となる夫婦の関係にかかわることである。
    夫婦とは、人生をともに歩む共同者(パートナー)であり、1人では足りないところを2人で補い支えあう補完的な面だけでなく、一人では気づかなかった新しい自己を発見したりする創造的な面を持ち合わせることで、人間的成熟、豊かさが生じてくる。豊かな夫婦関係を築いていくためには、お互いに、深いかかわりを願って、積極的に心を開く誠実さを持ち合わせて無くてはならない。ただし、心を開き、お互いに支えあい、夫婦というひとつの形になるということは、各々のアイデンティティを失うこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。