封じ込め政策ではなく大いなる妥協を

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数633
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    これはX論文に対する批判が込められている論文である。その批判の意味合いは現実的観点にたった、X論文内で論じられていた対ソ封じ込め政策への一種の警告と言っていい内容なのかもしれない。おおまかな内容は、リップマンに言わせれば希望的観測にも基づいているというソ連崩壊の期待への警告、対ソ封じ込めに要するアメリカの多大な負担をいったいどのようにやりくりするのか、いったいアメリカはヨーロッパに対してどこまで干渉すればいいのかについてである。以下リップマンの主張を要約していく。
    まず冒頭からケナンの希望的観測に基づいたソ連崩壊説への批判が始まる。その批判が一番明確な形で記されているのは、「私には、もっとも楽観的な予測が真実である場合にだけ成功するような政策に「妥当な自信」をもつ根拠があるとは思えない。もっとも困難な最悪の状況に対応できてこそ健全な政策であり、しかも現実にはそうした悪い方向に向かう危険は十分ある」という箇所であろう。リップマンが主張することは、まずケナンがたてた封じ込め政策はその前提部分が希望的、楽観的なものであるがゆえに危ういとの警告であると考えられる。またケナンが主張する、ソ連が行動を執った前線地域への対応についても、リップマンはそれを後手後手に回った主体性をソ連が握ったものであると批判していると読み取れる。
    リップマンはこの論文の中で現実的な問題として、封じ込め政策に必要な資金をいかにして抽出するかの問いをケナンに求めている。資金面だけで、なく輸出物資の管理をいかにして封じ込め政策が機能するように行うのかを厳しく問いただしている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「封じ込め政策ではなく、大いなる妥結を」に関するレポート
    これはX論文に対する批判が込められている論文である。その批判の意味合いは現実的観点にたった、X論文内で論じられていた対ソ封じ込め政策への一種の警告と言っていい内容なのかもしれない。おおまかな内容は、リップマンに言わせれば希望的観測にも基づいているというソ連崩壊の期待への警告、対ソ封じ込めに要するアメリカの多大な負担をいったいどのようにやりくりするのか、いったいアメリカはヨーロッパに対してどこまで干渉すればいいのかについてである。以下リップマンの主張を要約していく。
    まず冒頭からケナンの希望的観測に基づいたソ連崩壊説への批判が始まる。その批判が一番明確な形で記されているのは、「私には、もっとも楽観的な予測が真実である場合にだけ成功するような政策に「妥当な自信」をもつ根拠があるとは思えない。もっとも困難な最悪の状況に対応できてこそ健全な政策であり、しかも現実にはそうした悪い方向に向かう危険は十分ある」という箇所であろう。リップマンが主張することは、まずケナンがたてた封じ込め政策はその前提部分が希望的、楽観的なものであるがゆえに危うい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。