朝鮮語の分布に見る移民の背景

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数403
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.はじめに
     今日世界には朝鮮語の話者人口は、およそ7000万人強いるとされている。その主だった内訳は、以下の通りである。
    ・ 大韓民国 約4550万人
    ・ 朝鮮民主主義人民共和国 約2250万人
    ・ 日本 約66万人
    ・ アメリカ 約200万人
    ・ 中華人民共和国 約200万人
    ・ 旧ソ連領 約48万人
    ・ カナダ 約11万人
     朝鮮半島合計で約6800万人の話者がおり、海外の合計は約560万人とされている。合計で約7300万人近くの話者が存在する言語は、世界の中で極めてまれなものであり、朝鮮語話者数は何千と存在する言語の中で15位であると言われている。ちなみに海外に多くの植民地を保有し、言語政策を展開していたフランスのフランス語は、話者数約7700万人とされ11位である。朝鮮は歴史上海外に植民地を持った経験はない。むしろ歴史的に見て、古代より中国の朝貢体制の中に組みこめられ、かつては日本の植民地支配を受けた経験を持つ。そのような朝鮮民族の言語が何故このように世界に広まったのかを、移民の背景を読み解くことで理解したい。
    2.日本の三大コリアンタウン
     世界には代表的なコリアンタウンがいくつかある。旧宗主国であった日本への移民が大量になされたのは、日本が植民地統治をしていた時代である。日本で有名なコリアンタウンは、大阪の生野区・東京の荒川区・川崎市の川崎区などである。生野区の全人口約14万5000人のうち約3万6000人が韓国・朝鮮籍、荒川区は全人口約17万人のうち約6600人が韓国・朝鮮籍、川崎市は全人口120万人のうち、約8900人が韓国・朝鮮籍であり、川崎区が4600人であるとされている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    朝鮮語の分布に見る移民の背景
    1.はじめに
     今日世界には朝鮮語の話者人口は、およそ7000万人強いるとされている。その主だった内訳は、以下の通りである。
    大韓民国 約4550万人
    朝鮮民主主義人民共和国 約2250万人
    日本 約66万人
    アメリカ 約200万人
    中華人民共和国 約200万人
    旧ソ連領 約48万人
    カナダ 約11万人
    朝鮮半島合計で約6800万人の話者がおり、海外の合計は約560万人とされている。合計で約7300万人近くの話者が存在する言語は、世界の中で極めてまれなものであり、朝鮮語話者数は何千と存在する言語の中で15位であると言われている。ちなみに海外に多くの植民地を保有し、言語政策を展開していたフランスのフランス語は、話者数約7700万人とされ11位である。朝鮮は歴史上海外に植民地を持った経験はない。むしろ歴史的に見て、古代より中国の朝貢体制の中に組みこめられ、かつては日本の植民地支配を受けた経験を持つ。そのような朝鮮民族の言語が何故このように世界に広まったのかを、移民の背景を読み解くことで理解したい。
    2.日本の三大コリアンタウン
    世界には代表的なコリアンタウンが..

    コメント1件

    yoohansol 購入
    朝鮮民族の分布を研究する上で、初歩的なデータを得る事ができた。
    2006/02/26 21:15 (10年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。