仏教国としての日本に近代化のモデルを見出した 販売

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数340
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    宗教国際関係仏教文化史

    代表キーワード

    宗教

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    仏教を通じてみる日本とスリランカの関係
    スリランカがイギリスの支配から独立したのは1948年でしたが、独立の気運は19世紀にすでに高まっていました。
    植民地支配に抵抗して、シンハラ人、タミル人、ムスリムのエリート間において宗教復興運動が開始されます。その中で最大規模で行われたのが、多数民族であるシンハラ人を基盤とする仏教復興運動でした。その中心人物となったのが「アナガーリカ・ダルマパーラ」という人物です。
    彼は、この運動を率いてシンハラナショナリズムの基盤をつくり、後に「スリランカ建国の父」と呼ばれることになります。
    しかし、彼にはスリランカ国内において、後の民族紛争の火種となる排他的な民族主..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。