空港の担う役割 販売

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数773
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    交通国際関係社会学文化史

    代表キーワード

    国際

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    空港の担う役割、および旅客の心理について
     年々海外旅行者数が飛躍的に増加していく傾向にある。それはすなわち、空港を訪れる人の数が増えているということである。では、空港空港とは如何なる場所なのか。空港についての定義は諸説あるが、Doganis (1992:7)によれば空港とは、「空と地上交通との間で旅客や貨物の相互移動を促進させるために別々の要素や活動が1つとなる場所として機能する」としている。陸上交通から航空交通に乗り換えるために通過する、物理的な場所であり、エアラインネットワークを構成する基本的ハブである。またO’Connor (1995:269)は、「空港は多くの近代都市で最も重要な要素であり、空港にいる旅客は観光産業が活発であることを反映している。都市地域が活発であるためには空港は重要である」としている。
     空港が如何なる場所であるのかは、この二者の定義で十分明確になっているだろう。海を越えて海外に行く場合、必然的に空港に立ち寄って飛行機に乗り換えねばならない。空港とは、非常に必然性の強い空間であるとも言えるだろう。
     私は空港は、単なる航空貨物輸送のための集配・配送、旅客の乗..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。