周辺としてのイスラム圏が被る余儀なき変容

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数361
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    イスラム圏が西洋諸国からの外圧的影響を大きく受け、変容を余儀なくされてきたのは、西洋諸国が新生したともいえる「近代」以降において顕著である。近代以降の、オスマン帝国からトルコ共和国への変化は、第一次対戦の結果が大きく作用した。国民国家の時代の戦争に敗れたオスマン帝国は、新しい国づくりを余儀なくされたのである。中世に、イスラム世界を代表するオスマン帝国が、変容を余儀なくされたという事実はあまりにも大きい。現代の各国情勢の中で、耳目を集めるものとして中東情勢が挙げられよう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    周辺としてのイスラム圏が被る余儀なき変容
    イスラム圏が西洋諸国からの外圧的影響を大きく受け、変容を余儀なくされてきたのは、西洋諸国が新生したともいえる「近代」以降において顕著である。近代以降の、オスマン帝国からトルコ共和国への変化は、第一次対戦の結果が大きく作用した。国民国家の時代の戦争に敗れたオスマン帝国は、新しい国づくりを余儀なくされたのである。中世に、イスラム世界を代表するオスマン帝国が、変容を余儀なくされたという事実はあまりにも大きい。現代の各国情勢の中で、耳目を集めるものとして中東情勢が挙げられよう。最近急速に事態が悪化してきたパレスチナとイスラエルを中心におく中東情勢も、第二次大戦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。