ナチ党と映像効果について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数301
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ナチスについて考えるときに、いつも思うことは、あまりにも人工的にすぎるということである。当時のドイツにとって、第一次世界大戦で被った傷は根深く、受け入れがたいものであった。私はその第一次世界大戦とは、ヨーロッパが近代に入ってからの、代表的な一つの大きな歪みの発露ではなかったかと思っている。戦争の形態はと意義は、国民国家による国家総動員体制になり、民族というキーワードに代表される、各種の思想が入り乱れたものであった。これらはどれも、近代という時代における発明品である。しかしドイツはその戦争に敗北する。人が新しく作りあげた時代の歪みの発露である大戦争に負けたのである。戦争に負けるという体験は、深くドイツ国民の心に刻み込まれた。敗戦により、既存のものであった国家としてのシステム、ひいては国民の誇りも同時に失われたものとなってしまった。この時代のドイツは、広い意味での空洞化が生じていたものであると考えられる。敗戦は、政治システムへの不信と不安、新しい政治システムの渇望を国民に抱かせる。また、同時に敗北の対極にある勝利を希望させるのである。それら全てを与えたのが、ナチスであった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ナチ党と映像効果について
     
     ナチスについて考えるときに、いつも思うことは、あまりにも人工的にすぎるということである。当時のドイツにとって、第一次世界大戦で被った傷は根深く、受け入れがたいものであった。私はその第一次世界大戦とは、ヨーロッパが近代に入ってからの、代表的な一つの大きな歪みの発露ではなかったかと思っている。戦争の形態はと意義は、国民国家による国家総動員体制になり、民族というキーワードに代表される、各種の思想が入り乱れたものであった。これらはどれも、近代という時代における発明品である。しかしドイツはその戦争に敗北する。人が新しく作りあげた時代の歪みの発露である大戦争に負けたのである。戦争に負けるという体験は、深くドイツ国民の心に刻み込まれた。敗戦により、既存のものであった国家としてのシステム、ひいては国民の誇りも同時に失われたものとなってしまった。この時代のドイツは、広い意味での空洞化が生じていたものであると考えられる。敗戦は、政治システムへの不信と不安、新しい政治システムの渇望を国民に抱かせる。また、同時に敗北の対極にある勝利を希望させるのである。それら全てを与えたのが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。