雇用システムの転換

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数520
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    雇用システムの転換について
    日本企業の雇用システムは転換しつつある。長期安定と言われる終身雇用が崩れ、雇用が流動化・多様化している。評価に関しても年俸性から成果主義・能力主義へと変化してきている。
    ほんの少し前まで、多くの日本企業では終身雇用・年功序列的な制度で社員の生活を保障する一方、滅私奉公的な働き方を求めてきたが、90年代後半に大企業がバタバタ倒産したおかげで、終身雇用・年功序列なんて大した裏づけはない幻想であったと気づいた。しかし、人間を必要以上に組織に縛り付け、組織そのものを硬直化させていた制度がせっかくコケたというのに、職場はすさみ、働く人は疲弊している。
    なぜ安い給料でヘロヘロに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。