人間の発達と学習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数881
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人間の「学習」について古くから色々な領域で研究がなされてきた。学習観は大きく二つに分けることが出来る。それは学習者を受動的な存在と見るか、能動的な存在としてとらえるかである。前者においては学習者を知識を流し込まれる器のような存在と捉え、後者においては学習者を自ら外部に働きかけ知識を掴み取る力を持つ存在ととらえている。学習ということを考える場合には環境に対して学習者自身が働きかけるという点を無視することができない。人間の赤ちゃんは今まで受動的な存在であるとして捉えられてきた。人間の赤ちゃんは授乳の際に吸っては休むという動作を繰り返す。栄養摂取という点から考えて休止を入れるのは非効率的であり、哺乳類の中で人間の赤ちゃんにのみ見られる現象である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人間の「学習」について古くから色々な領域で研究がなされてきた。学習観は大きく二つに分けることが出来る。それは学習者を受動的な存在と見るか、能動的な存在としてとらえるかである。前者においては学習者を知識を流し込まれる器のような存在と捉え、後者においては学習者を自ら外部に働きかけ知識を掴み取る力を持つ存在ととらえている。学習ということを考える場合には環境に対して学習者自身が働きかけるという点を無視することができない。人間の赤ちゃんは今まで受動的な存在であるとして捉えられてきた。人間の赤ちゃんは授乳の際に吸っては休むという動作を繰り返す。栄養摂取という点から考えて休止を入れるのは非効率的であり、哺乳類の中で人間の赤ちゃんにのみ見られる現象である。授乳時に赤ちゃんが休止を入れた瞬間に母親が揺さぶりを入れた場合と入れない場合では揺さぶられた赤ちゃんの吸う時間は一定の時間に集中するのに対し、揺さぶられない赤ちゃんは時間にばらつきが生じる。つまり、乳児は休止を入れる事によって母親の揺さぶりを引き出すといった行動を自ら働きかけて関係をつくりだす能動的な存在なのである。子供たちはその年齢にふさわしい形..

    コメント2件

    hori0206 購入
    参考になりました。
    2007/08/06 22:54 (9年4ヶ月前)

    usi0375 購入
    参考になりました。
    2007/08/31 21:12 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。