伝統的CAI、知的CAIについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数670
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    学習観は大きく二つに分けることが出来る。受動的な学習と能動的な学習である。受動的な学習は行動主義的な学習観の事で科学的に扱える行動のみを対象に評価や研究を行うのが行動主義の特徴である。伝統的CAIは行動主義に基づいたプログラム学習の考え方を広く活用している。代表的な行動主義心理学者のB.F.Skinnerにより考え出されたプログラム学習は行動主義のスモールステップ・即時フィードバック・自己ペースでの学習などの原理により構成されている。プログラム学習は徹底的な反復により課題処理のスピードをあげ・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問)伝統的CAIが行動主義の学習理論、知的CAIが認知主義的学習理論に基づいている事を説明せよ。
    学習観は大きく二つに分けることが出来る。受動的な学習と能動的な学習である。受動的な学習は行動主義的な学習観の事で科学的に扱える行動のみを対象に評価や研究を行うのが行動主義の特徴である。伝統的CAIは行動主義に基づいたプログラム学習の考え方を広く活用している。代表的な行動主義心理学者のB.F.Skinnerにより考え出されたプログラム学習は行動主義のスモールステップ・即時フィードバック・自己ペースでの学習などの原理により構成されている。プログラム学習は徹底的な反復により課題処理のスピードをあげたり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。