憲法の矛盾

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数830
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法の矛盾
                             
    現在憲法について様々な矛盾が現れ始めている。
    第一に、近年言われてきている、憲法9条の戦争放棄についての問題にとりわけ矛盾点があるようである。日本国憲法は戦後に制定されてから、一度も改正されることなく現在に至っている。しかし戦後60年を迎え、世界の中での日本の立場も大きく変わってきた今、当初の憲法のままでは矛盾が出てきてしまうのは当然のことなのではないだろうか。
    実際、憲法9条の、戦争放棄における自衛隊の位置づけが問題となっている。憲法9条とは、
    1項 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
    2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
    といったものである。しかしこの内容では曖昧な点が多く、さまざまな解釈がされるため、自衛隊が違憲なものになるのではないだろうかという批判が出てきているのだ。
     現に、はじめはいっさい海外での活動はしなかったは..

    コメント2件

    b50197 購入
    参考になりました。
    2007/07/02 23:25 (9年5ヶ月前)

    sakura1220 購入
    参考になりました
    2007/07/20 16:53 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。