ウェルネスと福祉文化特論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数622
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ1 子どもの健康
    子どもの体の今と昔
     現代の子ども(平成16年の11歳)と、その親世代といえる30年前の子ども(昭和49年の11歳)の体格を比較すると、現代の子どもの方が、昔の子どもよりも平均身長・体重を上回る。これは昔と比べて生活が豊かになり、栄養価の高い食べ物を多く摂取するようになったことが原因だと考えられる。
    また、現代の子どもと30年前の子どもの50m走とソフトボール投げの平均値を比べると、現代の子どもの値は、30年前の子どもの値を下回る。つまり子どもの体格は大きくなっているが、その一方で、運動能力は低下傾向にあるといえる。

    子どもの体力低下の原因
     現代における子どもの体力低下の直接的な原因として?学校外の学習活動や室内遊び時間の増加による、外遊びやスポーツ活動時間の減少、?空き地や生活道路といった子ども達の手軽な遊び場の減少、?少子化や、学校外の学習活動などによる仲間の減少の3つが挙げられる。
     また、その他の原因として、子どもの「遊びの質の変化」に注目したい。昔は、放課後や休みの日には外遊びをして、自然に体を動かしていたが、現代はテレビゲーム等、部屋の中で行うような頭だけを使った遊びが普及し、能動的に体を動かして遊ぶ子どもが少ない。また、親世代もテレビゲームを楽しんだ世代となり、子どもに遊び方が教えられないということも、問題だといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ウェルネスと福祉文化特論レポート
    テーマ1 子どもの健康
    子どもの体の今と昔
     現代の子ども(平成16年の11歳)と、その親世代といえる30年前の子ども(昭和49年の11歳)の体格を比較すると、現代の子どもの方が、昔の子どもよりも平均身長・体重を上回る。これは昔と比べて生活が豊かになり、栄養価の高い食べ物を多く摂取するようになったことが原因だと考えられる。
    また、現代の子どもと30年前の子どもの50m走とソフトボール投げの平均値を比べると、現代の子どもの値は、30年前の子どもの値を下回る。つまり子どもの体格は大きくなっているが、その一方で、運動能力は低下傾向にあるといえる。
    子どもの体力低下の原因
     現代における子どもの体力低下の直接的な原因として①学校外の学習活動や室内遊び時間の増加による、外遊びやスポーツ活動時間の減少、②空き地や生活道路といった子ども達の手軽な遊び場の減少、③少子化や、学校外の学習活動などによる仲間の減少の3つが挙げられる。
     また、その他の原因として、子どもの「遊びの質の変化」に注目したい。昔は、放課後や休みの日には外遊びをして、自然に体を動かしていたが、現代は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。