類似性から依拠性を推認することの法的意味

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数543
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ≪内容≫
    1.類似性から依拠性を推定することの法的意味は何か
    2.上記が立証責任の転換であるとして、原告の立証負担を緩和させる手段はないか
    1 基本事項
    1.1 証明責任とは
     証拠調べを尽くしても(自由心証が尽きても)ある要件事実(主要事実)の存否が真偽不明の場合に、判決においてその事実を要件とする自己に有利な法律効果が認められないという一方当事者の不利益ないし危険を、(客観的)証明責任という。
    1.2 証明責任の対象
     定義から、証明責任の対象は主要事実に限られる。すると、依拠性判断における主要事実は何かが問題となる。この点、著作権法は「依拠」要件を、法文上明記しないため必ずしも明らかではないが、以下のように解するのが妥当であろう。
     すなわち、被告が「アクセスがあったこと」を主張立証し、それに対する抗弁として原告が「独自制作」(アクセスはあったがなお独自に作ったという抗弁)を主張立証するべきである。そうすると、「アクセスがあったこと」は主要事実となり、証明責任を考える対象となる。
    1.3 証明の程度
     証明の程度については、「高度の蓋然性説」が判例通説のとる立場である。すなわち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。