刑法総論まとめ(東京大学法科大学院)

会員2,700円 | 非会員3,240円
ダウンロード カートに入れる
ページ数52
閲覧数810
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    刑法判例問題犯罪評価共犯違法性総論錯誤正当防衛

    代表キーワード

    刑法判例

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑法総論
    最終更新日 : 2009/09/28
    <答案作成上のポイント>
    ●検討順序
     ○共犯の有無、故意の有無については早めに確定すべき(検討する罪が変わるから)
     ○共犯以外で被告人が複数いる場合は、問われる法益侵害の危殆化に直近のものから論じる
     ○構成要件該当性→違法阻却事由→責任阻却事由の順番を遵守する
    ●検討内容
     ○故意が阻却されたら過失犯の検討を忘れずに(錯誤論、誤想防衛・・・)
     ○故意や因果関係が後で問題とならない場合→「~は○○罪の構成要件に該当する」
      故意や因果関係が後で問題となる場合  →「~は○○罪の実行行為に該当する」
    <目次>
    1章 刑法の基礎 6
    1.1 刑法とは何か 6
    1.2 刑罰の目的 6
    1.3 刑法の機能 6
    1.4 犯罪論 6
    1.4.1 犯罪とは何か 6
    1.4.2 刑の適用 7
    2章 罪数論 8
    2.1 序説 8
    2.1.1 一つの犯罪と評価されるもの 8
    2.1.2 犯罪が複数ある場合の処理 8
    2.2 評価上一罪 8
    2.2.1 法上競合 8
    2.2.2 包括一罪 8
    2.3 科刑上一罪 9
    2.3.1 科刑上一罪とは 9
    2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。