マルチエージェントシステムレポート2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数739
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】 
     「人工社会」「分散人工知能」「ゲーム理論」「創発システム」の研究分野について調査し、それらと「マルチエージェントシステム」との関連について考察せよ。
    【1】 各分野についての調査
    (0) 「マルチエージェントシステム」
     構成要素のうち、特に主体性をもち自律的に行動するものをエージェントと呼ぶ。分析対象となるエージェントの構成単位はさまざまで、小さいものでは神経細胞の集合体やモジュール、大きくなると、一人の人間や人間の集団組織などが単位となる。エージェントをどの単位で捉えるかによって研究分野が区分され、その分野に固有の分析方法をもって、研究されている。
     自らの価値基準に従って自分の行為を自由に選択できるような自立的なエージェントが、多数共存する環境がマルチエージェントである。マルチエージェントにはエージェント同士の相互依存関係があり、エージェントがどう動くかはそれぞれのエージェント次第であり、エージェント同士がどのように関わり合うか?も すべてエージェント同士の取り決めで決まる。この点が神のような立場にある「システム」が、構成要素一つ一つを絶対的に支配していたシステムダイナミクスとの相違点である。
     エージェント同士の相互作用により、やがてシステム全体の流れのようなものが創発され(ボトムアップ)、その流れが今度は逆にエージェントにフィードバックされて、また個々のエージェントの振る舞いを決定していく、という循環がマルチエージェントシステムの特徴である。
    ? 「人工社会」
     人工社会とはボトムアップ的手法をもちいてそれぞれの個体(エージェント)が単純かつローカルなルールにしたがい行動することによって社会秩序の創発をうながし実社会との比較を通してさまざまな社会現象を研究する分野である.

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    マルチエージェントシステムレポート2
    【課題】 
     「人工社会」「分散人工知能」「ゲーム理論」「創発システム」
     の研究分野について調査し、それらと「マルチエージェントシステム」との関連につ
     いて考察せよ。
    【1】 各分野についての調査
    (0) 「マルチエージェントシステム」
     構成要素のうち、特に主体性をもち自律的に行動するものをエージェントと呼ぶ。分析対象となるエージェントの構成単位はさまざまで、小さいものでは神経細胞の集合体やモジュール、大きくなると、一人の人間や人間の集団組織などが単位となる。エージェントをどの単位で捉えるかによって研究分野が区分され、その分野に固有の分析方法をもって、研究されている。
     自らの価値基準に従って自分の行為を自由に選択できるような自立的なエージェントが、多数共存する環境がマルチエージェントである。マルチエージェントにはエージェント同士の相互依存関係があり、エージェントがどう動くかはそれぞれのエージェント次第であり、エージェント同士がどのように関わり合うか?も すべてエージェント同士の取り決めで決まる。この点が神のような立場にある「システム」が、構..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。