環境エネルギーレポート2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数340
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    DT反応とは重水素(デューティウム)一三重水素(トリチウム)反応のことである。重水素とは1つの陽子と1つの中性子からなる水素の安定な同位体である。水の中には D_2O あるいは DHO の形で含まれており、普通の水の中には 0.015 % の割合で重水が含まれている。三重水素とは1つの陽子2つの中性子からなる水素の同位体である。半減期 12 年の放射性同位体で,自然界にはほとんど存在しない。DT 反応は、低い温度で反応し,反応率も高い(反応率最大7億度)。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    環境・エネルギー概論 レポート
    【問】 DT反応磁場封じ込め型核融合炉の原理を説明せよ。
    DT反応磁場封じ込め型核融合炉の原理
     DT反応について述べた後、磁場封じ込め型の原理について述べる。
    A DT反応について
    DT反応とは重水素(デューティウム)一三重水素(トリチウム)反応のことである。重水素とは1つの陽子と1つの中性子からなる水素の安定な同位体である。水の中には D_2O あるいは DHO の形で含まれており、普通の水の中には 0.015 % の割合で重水が含まれている。三重水素とは1つの陽子2つの中性子からなる水素の同位体である。半減期 12 年の放射性同位体で,自然界にはほとんど存..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。