日立製作所中央研究所見学レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数4,951
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    6月2日、授業の一環として、株式会社日立製作所の中央研究所を見学に行った。まず、驚かされたのはその敷地の広さだ。説明によると、東京ドーム5つ分もあるらしい。しかしながら、もっと驚嘆すべきは、実際に研究に使われていると思われる建物はそのうちの数パーセントに過ぎず、残りは森や池などの自然が占めていたことだろう。土地の高い都心にあって、このような(経済的に見ると)贅沢な土地利用が出来るのは、さすが日立といったところだろうか。自然を残しているのは、創業者である小平社長の「建物を立てる時は、よい樹木を切らずに必要なら植え換えよ」との指示が現在まで守られているからだそうだ。思わずその言葉をメモしてしまうほどに、素直に素晴らしいと思った。
     見学はまず、3DのCADシステムを見せていただいた。自分は授業で2DのCADを扱ったことがあるが、3Dははじめて見たので驚いた。所狭しと器具がならべられた装置を一台のPCで制御していることもすごいと思う。しかも、各部品をそれぞれ3面図で表示し、工場へ送ることが出来るらしい。とはいえ部品と部品の立体関係を考えなければならない現場では、3DCADの技術は必須だろうなとも思った。大学では習わないこの技術を、日立の人はどこで学んだのであろうか?質問したかったが、機会がなかったので出来なかった。おそらく、師弟関係のような制度で、先輩から盗むのだろうと推測した。
     次に、ものづくりの工場を見学した。自分はプロジェクトで「ものづくりリアル工房」という授業をとっているので、放電加工などは身近な存在であり、驚きはなかった。しかし、コンテストの優勝作品には度肝を抜かれた。複雑な金属機器をわずか10時間で仕上げたらしい。どこの世界も「プロ」はすごいと思った。ものづくりの工場は、金属を削ったりするためか、空気が悪かったような気がする。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    設計システムと産業 第2回レポート
    「工場見学の感想」
    6月2日、授業の一環として、株式会社日立製作所の中央研究所を見学に行った。まず、驚かされたのはその敷地の広さだ。説明によると、東京ドーム5つ分もあるらしい。しかしながら、もっと驚嘆すべきは、実際に研究に使われていると思われる建物はそのうちの数パーセントに過ぎず、残りは森や池などの自然が占めていたことだろう。土地の高い都心にあって、このような(経済的に見ると)贅沢な土地利用が出来るのは、さすが日立といったところだろうか。自然を残しているのは、創業者である小平社長の「建物を立てる時は、よい樹木を切らずに必要なら植え換えよ」との指示が現在まで守られているからだそうだ。思わずその言葉をメモしてしまうほどに、素直に素晴らしいと思った。
     見学はまず、3DのCADシステムを見せていただいた。自分は授業で2DのCADを扱ったことがあるが、3Dははじめて見たので驚いた。所狭しと器具がならべられた装置を一台のPCで制御していることもすごいと思う。しかも、各部品をそれぞれ3面図で表示し、工場へ送ることが出来るらしい。とはいえ部品と部品の立体関係を考え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。