モンテカルロシミュレーションによる電車の混雑率の推移の考察

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数754
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    どんなに電車が込んでいようとも、ある程度待つと、かならずかなり空いた電車が訪れることが経験的にわかっている。これをモンテカルロシュミレーションを用いてシュミレーションしよう
    と思う。予想としては不可避の理由から列車の到着時刻にゆらぎがあることに起因して混雑率に周期性がうまれるのではないかと考えられる。この予想の正当性を確かめるべく、以下の前提の
    もと、モンテカルロシュミレーションを行った。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    概要 どんなに電車が込んでいようとも、ある程度待つと、かならずかなり空いた電車が訪れること
    が経験的にわかっている。これをモンテカルロシュミレーションを用いてシュミレーションしよう
    と思う。予想としては不可避の理由から列車の到着時刻にゆらぎがあることに起因して混雑率に
    周期性がうまれるのではないかと考えられる。この予想の正当性を確かめるべく、以下の前提の
    もと、モンテカルロシュミレーションを行った。
    前提 ①電車は一定間隔1で運行しているとする。(移動時間0.95、停車時間0.05)
    ②時間0.95の間に乗車待ち人数1がホームに溜まるとする。(乗車待ち人数∝列車間隔)
     ただし、停車時間中の乗車待ち人数増加による停車時間増加は考えない
    ③1の乗客に対し0.05の停車時間が必要であるとする。(乗車待ち人数∝停車時間)
    ④列車が予定時刻よりも早くついた場合は予定時刻まで待つとする。
    ⑤簡単のため、1つの駅をぐるぐる回ると考える。
    ⑥先発の電車は不可避の理由により列車の移動時間が-0.5~+0.5の範囲でランダムに
     ばらつくとする。ただし列車の平均移動時間は0.95..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。