ハムレットとリアリティ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数980
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    父王の訃報、そしてその直後の母と新王の再婚のためにデンマークの王子、ハムレットが国に帰ってくると同時に物語ははじまる。父の死に悲しみ、またあまりに早い母の再婚に傷ついたハムレットはふさぎこんでいた。
    そんな中ハムレットは、前王であった、ハムレットの父の亡霊が夜な夜な城内を徘徊している、と親友のホレイショーから聞く。翌日、ハムレットが亡霊と対面すると、亡父を名乗る亡霊は、現在のデンマーク王でハムレットの叔父である、クローディアスに殺されたと言い、息子であるハムレットに無念を打ち明ける。叔父はハムレットの母を妻にしており、ハムレットは父に復讐を誓う。
    叔父の疑心を欺くため、ハムレットは狂気を装ったが、宰相ポローニアスは、これを自分の娘オフィーリアに恋しているためだととる。折しも旅役者が城を訪れ、ハムレットは亡霊の話の真偽を確かめるため、父王殺害そっくりの場を盛り込んだ芝居を上演させる。それを見て逆上するクローディアス。母ガートルードは、息子を寝室に呼び寄せ諌めるが、ハムレットは、立ち聞きしていたポローニアスを王と間違えて殺してしまう。身の危険を感じた王は、ハムレットをイギリスへ送り出す。ハ..

    コメント1件

    breeze 購入
    ありがとうございます
    2007/10/12 11:40 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。