政教分離とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,169
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    政教分離とは、国家ないし政治と宗教とを分離する原則をいう。政教分離の目的は、第1に、国家による宗教的迫害から個人の信教の自由を保障すること、第2に、国家の政治秩序が宗教によって破壊ないし支配されないこと、第3に、宗教団体の健全な宗教的活動を保障し政治権力の介入を排除すること、である。(注)これは一般論であって定義ではない。

    【日本の法律】
    日本国憲法では、政教分離を、20条1項で「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」と規定し、宗教団体に対して、特権をもつこと、ならびに、政治的権力の行使を禁止している。また、同条3項によって、「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」と、国に対して、宗教的活動を禁止している。
    政教分離の法的性質については、信教の自由を保障する制度であると解釈するのが一般的である。さらに、89条において、「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、(中略)これを支出し、又はその利用に供してはならない」と規定している。  信教の自由とは要約すると以下の通り。なんらかの宗教を信仰すること(または、しないこと)の自由、礼拝や布教などをおこなうこと、宗教団体を結成すること(しないこと)、またはそれに加入すること(しないこと)、特定の宗教を信仰する(していない)ことによる差別を受けることのない権利。またそれらを公権力によってさまたげられない権利、を指す。

    【訴訟判例】
    政教分離にかんする訴訟は多々あるが、代表的なものを二つ挙げてみる。一つ目は津市の地鎮祭事件。市体育館の起工式を神道にのっとる地鎮祭として挙行したことが、政教分離原則違反であると主張してあらそわれた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政教分離とは、国家ないし政治と宗教とを分離する原則をいう。政教分離の目的は、第1に、国家による宗教的迫害から個人の信教の自由を保障すること、第2に、国家の政治秩序が宗教によって破壊ないし支配されないこと、第3に、宗教団体の健全な宗教的活動を保障し政治権力の介入を排除すること、である。(注)これは一般論であって定義ではない。
    【日本の法律】
    日本国憲法では、政教分離を、20条1項で「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」と規定し、宗教団体に対して、特権をもつこと、ならびに、政治的権力の行使を禁止している。また、同条3項によって、「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」と、国に対して、宗教的活動を禁止している。
    政教分離の法的性質については、信教の自由を保障する制度であると解釈するのが一般的である。さらに、89条において、「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、(中略)これを支出し、又はその利用に供してはならない」と規定している。  信教の自由とは要約すると以下の通り。なんらかの宗..

    コメント1件

    luc1005 購入
    法規文や具体例など簡潔にまとめてあり、論理展開にも工夫がみられ、とても参考になりました。
    2006/11/07 11:06 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。