教えること・学ぶこと

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数637
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート教える学ぶ学力教育学教職

    代表キーワード

    教職教育学学力

    資料紹介

     私は、学校というものを中心に教えると学ぶということをみていきたいとおもいます。現代の日本社会は高学歴重視にともない、高校の義務教育化が一般化し、そのため学校での学力向上を求められるあまり、児童・生徒の学力不振いわゆる「落ちこぼれが」が生じてきた。これは教師の教え方が悪いのか、また生徒の学習能力が落ちたのかは不明である。また、学力不振から生まれたのが、学校教育と別に学ぶ塾である。良い就職口を目指すため、あるいはハイレベルの学校への志向が強まり、進学塾が必要とされてきた。学力不振のために必要となってきたのが、授業に遅れないための補習塾であった。塾というものが存在していること自体が僕は不思議に思うのですが、学校の教育だけでは、学力が向上しないということを明確に表しています。経験上僕も補習塾に通ったことがあるので塾の必要性は感じていますが、それが生まれてしまうこと自体が学校の教え方では社会の要望に答えきれてないことを表している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教えること・学ぶことについて
    私は、学校というものを中心に教えると学ぶということをみていきたいとおもいます。現代の日本社会は高学歴重視にともない、高校の義務教育化が一般化し、そのため学校での学力向上を求められるあまり、児童・生徒の学力不振いわゆる「落ちこぼれが」が生じてきた。これは教師の教え方が悪いのか、また生徒の学習能力が落ちたのかは不明である。また、学力不振から生まれたのが、学校教育と別に学ぶ塾である。良い就職口を目指すため、あるいはハイレベルの学校への志向が強まり、進学塾が必要とされてきた。学力不振のために必要となってきたのが、授業に遅れないための補習塾であった。塾というものが存在してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。