ITを基盤としたビジネス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数302
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私が考えるITを基盤としてのビジネスは、ネット上でのパチンコ屋・スロット屋である。現在1万5千以上の店舗が国内にはあるのだが、それはすべてリアルの店舗であり、ネット上には存在していない。そこで私はネット上での経営を考えた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私が考えるITを基盤としてのビジネスは、ネット上でのパチンコ屋・スロット屋である。現在1万5千以上の店舗が国内にはあるのだが、それはすべてリアルの店舗であり、ネット上には存在していない。そこで私はネット上での経営を考えた。
     まず、パチンコ屋は法律上、ギャンブルをする場所ではなく遊戯場とされているため、その店での換金ができない。よってその点はリアルの店と同様に、店舗内では特殊景品を出すという形にし、パチンコ屋の店舗とは別に、その景品を買い取るという形で換金してくれる問屋を設立する。まずこの客・パチンコ屋・問屋という三角関係を形成するのだ。そして、ここからはリアルとは異なり、ジャパンネット銀行の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。