現代日本における教師の質向上について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数542
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    毎日新聞に以下のような記事が掲載されていた。
     懲戒免職:酒気帯び追突事故の中学教諭を処分 住居侵入の教諭も−−県教委 /宮崎(平成18年1月17日朝刊) 体罰:鳥栖商高野球部監督が17件−−県教委、文書訓告 /佐賀(平成18年1月19日朝刊)
     強制わいせつ:合宿先で就寝の女子児童に触る 元小学教諭を容疑で逮捕 /岩手(平成18年1月20日朝刊)
     教師は言うまでもなく、人間であり、失敗することも間違いを犯すこともある。だが、「人間を教育する」立場にある人間である以上は、教師に「優れた人間性」が期待されるのは自然な考えである。これらの事件は失敗や間違いという言葉では片付けられない。現在、増加している教師の不祥事を通して、教師の質をめぐる問題が深刻である。学校教育の直接の担い手である教師の資質能力向上のためにどのような取り組みがされているのか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    毎日新聞に以下のような記事が掲載されていた。
    懲戒免職:酒気帯び追突事故の中学教諭を処分 住居侵入の教諭も--県教委 /宮崎(平成18年1月17日朝刊)
    体罰:鳥栖商高野球部監督が17件--県教委、文書訓告 /佐賀(平成18年1月19日朝刊)
    強制わいせつ:合宿先で就寝の女子児童に触る 元小学教諭を容疑で逮捕 /岩手(平成18年1月20日朝刊)
    教師は言うまでもなく、人間であり、失敗することも間違いを犯すこともある。だが、「人間を教育する」立場にある人間である以上は、教師に「優れた人間性」が期待されるのは自然な考えである。これらの事件は失敗や間違いという言葉では片付けられない。現在、増加してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。