企業の環境ビジネス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数501
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     今日、世界規模で問題となっている環境問題は、18世紀後半に英国で起こった産業革命に端を発する。大量生産・大量消費の経済システムによって、当然、無尽蔵だと思われた天然資源は枯渇し始め、人口の増加に伴う過耕作で土地は劣化、工業化の推進と技術の進歩は大気・水・土壌などの汚染を招くのと同時に、生態系のバランスを崩壊させた。
     そして現在、化石燃料の大量消費によるCO2など温室効果ガス濃度の増加、フロンガスによるオゾン層の破壊、熱帯林の破壊による生物多様性の減少、酸性雨、海洋汚染、砂漠化など、人類はさまざまな環境問題に直面している。 こうした環境問題は、現在の人類の生活を支えている経済社会システムによって引き起こされていると考えられている。このまま現行の環境破壊型の経済社会システムを見直すことなく自然環境や生態系を破壊し続ければ、将来の人類の生存そのものが脅されるであろうことは容易に想像できる。
     すべての企業には、いま、環境保全という新しい社会要求が目の前に突きつけられている。従来の大量生産、大量消費、大量廃棄を前提としていた市場スタンダードから、省エネ、省資源、リサイクルを前提としたエコ・スタンダードへの転換がこれからの企業の生き残りに不可欠となった。とくに、製品を海外へ輸出している企業にとっては、世界的標準化された環境マネジメントシステムの規格を導入していないと、マーケットから排除されてしまう。環境マネジメントシステムを導入しているかどうかが、企業間の取引において大きな障壁になってくるだろう。このような中で、国際規格であるISO14001のマネージメントシステム規格の認証取得が産業界のあらゆる分野に急速に普及し、日本の経済に多大な影響を与えた。そこで、環境の問題に強い関心を持ちソニーという会社は環境対策を取り組み状況や環境保全の成果について論説していきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業の環境ビジネス
                              ―――ソニー株式会社
                           
    今日、世界規模で問題となっている環境問題は、18世紀後半に英国で起こった産業革命に端を発する。大量生産・大量消費の経済システムによって、当然、無尽蔵だと思われた天然資源は枯渇し始め、人口の増加に伴う過耕作で土地は劣化、工業化の推進と技術の進歩は大気・水・土壌などの汚染を招くのと同時に、生態系のバランスを崩壊させた。
    そして現在、化石燃料の大量消費によるCO2など温室効果ガス濃度の増加、フロンガスによるオゾン層の破壊、熱帯林の破壊による生物多様性の減少、酸性雨、海洋汚染、砂漠化など、人類はさまざまな環境問題に直面している。 こうした環境問題は、現在の人類の生活を支えている経済社会システムによって引き起こされていると考えられている。このまま現行の環境破壊型の経済社会システムを見直すことなく自然環境や生態系を破壊し続ければ、将来の人類の生存そのものが脅されるであろうことは容易に想像できる。
    すべての企業には、いま、環境保全という新しい社会要求が目の前に..

    コメント1件

    luvluv01 購入
    金返せ。
    誤字が非常に多く、読みづらい
    2009/01/11 21:27 (7年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。