健康指導法 「健康」と他の領域がどのように関連しあっているか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数1,285
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自分の働いてる職場の具体的な例をいくつか挙げています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    健康の内容をすべて挙げ、他の領域との関係を説明せよ
    健康の内容は全部で9つある。
    先生や友達と触れ合い、安定感をもって行動する
    いろいろな遊びの中で十分に体を動かす
    進んで戸外で遊ぶ
    様々な活動に親しみ、楽しんで取り込む
    健康な生活のリズムを身に付ける
    身の回りを清潔にし、衣服の着脱、食事、排泄など生活に必要な活動を自分でする
    幼稚園における生活の仕方を知り、自分たちで生活の場を考える
    自分の健康に関心をもち、病気の予防などに必要な活動を進んで行う
    危険な場所、危険な遊び方、災害時などの行動の強い方が分かり、安全に気をつけて行動する。
    この9つの健康の内容と他の領域との関係であるが、領域とは幼稚園教育要領の五領域である「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」ということを踏まえた上で説明する。
    内容1にある「先生や友達と触れ合い、安定感をもって行動する」では、子どもたちが安定感をもてるためにはまず保育者との信頼関係がしっかりしていないと難しいと言える。保育者との信頼関係がしっかりすることによって子どもは情緒が安定し、それから自発的に友達と関わったり、積極的に行動したりするようになるか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。