教育原理 社会と教育との関係を考察し、教育の社会的機能を明らかにせよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,535
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育という言葉は様々な意味を持つが、栽培、飼育などでは決してない。
     例えば教育を「人々の社会集団の中でよりよい生活を営みうるように育て導くこと」とするならば、教育という働きがどのようなものか見えてくる。
     教育を広義的意味に生涯教育と考えた時、社会的集団(例えば、家庭近隣、交友、学校、地域社会、職場)などの環境が社会的教育の役割を果たすことになるであろう。つまり、あぞびや友達、部落、町内などに行われれている風習やおきてなどに従い、幼稚園や学校においていろいろの文化や規律などに触れることであり、それによって、だんだんと人間らしくなっていくということである。人格の形成ともいえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原理
     
    社会と教育との関係を考察し、教育の社会的機能を明らかにせよ。
     教育という言葉は様々な意味を持つが、栽培、飼育などでは決してない。
     例えば教育を「人々の社会集団の中でよりよい生活を営みうるように育て導くこと」とするならば、教育という働きがどのようなものか見えてくる。
     教育を広義的意味に生涯教育と考えた時、社会的集団(例えば、家庭近隣、交友、学校、地域社会、職場)などの環境が社会的教育の役割を果たすことになるであろう。つまり、あぞびや友達、部落、町内などに行われれている風習やおきてなどに従い、幼稚園や学校においていろいろの文化や規律などに触れることであり、それによって、だんだんと人間らしくなっていくということである。人格の形成ともいえる。
     近代社会の特質は故人の基本的人権を第一に尊重し、その上に自由と平等、友愛と福祉などの原理を打ち立て、最大多数の最大幸福を地上に実現しようとするものである。したがって前近代的な個人を主体とし、自由と平等の原理の上に社会を見出そうとする。社会と個人とは、お互い補い合い、もつれ合ってあるもので、個人は社会の中で人格となるし社会もまた個人を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。