データベース論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数322
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    データベースとは、コンピュータの記憶装置に蓄積、管理されているデータの集まりであり、次の2点が定義の条件である。?それらのデータが統合されている。?それらのデータが組織体の共用の資源になっている。
    データベースは単なるデータの集まりであるので、保存されるデータの集合においてデータ間の関係をどのように定義し、またこれを管理するためにどのように構造化するか、その手法の枠組みであるデータモデルが必要となる。それによってデータは、ファイルシステム上に記録される。ここでデータは、ファイル機能を利用しており、更新したりデータを変更することはできない読み取り専用のファイルになっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    データベース論レポート
    ×学科 学籍番号 名前
    ■データベース管理システムの構造
    データベースとは、コンピュータの記憶装置に蓄積、管理されているデータの集まりであり、次の2点が定義の条件である。①それらのデータが統合されている。②それらのデータが組織体の共用の資源になっている。
    データベースは単なるデータの集まりであるので、保存されるデータの集合においてデータ間の関係をどのように定義し、またこれを管理するためにどのように構造化するか、その手法の枠組みであるデータモデルが必要となる。それによってデータは、ファイルシステム上に記録される。ここでデータは、ファイル機能を利用しており、更新したりデータ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。